Whitening Noteは、ホワイトニングにおすすめなサロン・歯科を紹介する情報サイトです。

セルフホワイトニングは危なくない?安全性や料金相場をご紹介

歯を人工的に白くすることで印象をより明るく導けるホワイトニング。医療機関でおこなうものがポピュラーとなっていますが、学生を中心とする若者にとっては料金が高すぎて手を出しずらく感じることもあるでしょう。そんなハードルを下げて誰でも気軽にホワイトニングを体験できるのがセルフホワイトニングです。

最近では目にすることも多くなった子のセルフホワイトニングですが、具体的にどんな施術方法なのか、またどこまでセルフでおこなうのか見ご存知でしょうか。今回はセルフホワイトニングの安全性や料金相場もふくめて、細かい内容をご紹介させていただきます。ぜひ今後に役立ててみてくださいね。

セルフホワイトニングってどんなもの?

そもそもセルフホワイトニングとはどんな施術方法のことを指すのでしょうか。
オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニングとの大きな違いは「施術を自分自身でおこなう」ことにあります。

ホームホワイトニングに関しても自宅で自分自身の施術が必要にはなりますが、セルフホワイトニングに関しては施術に入る前の医師の口内チェックもありません

基本的にカウンセリング後は歯磨きで汚れを落とした後すぐにホワイトニングの施術にうつることができます。歯科医院が施術に関わる場合、汚れを落としたりする工程も医師がおこないますが、セルフホワイトニングでは自分自身で最初から最後までおこなうことが大きな特徴です。

オフィスホワイトニングなどでは、すぐにホワイトニングの施術ができず初日は帰されてしまうこともあるので、時間がない方やとにかくホワイトニングの雰囲気を体験したいという方にはぴったりですね。

セルフホワイトニングは安全なの?具体的なやり方はどんなもの?

薬品を縫って光を照射!使う薬品や機材は体に負担が少ないもの

セルフホワイトニングの具体的な施術方法は大きくみればオフィスホワイトニングとそんなに差はありません。薬品を塗って光を照射する、この手順は変わりませんが自分で施術をおこなうので、使う薬品と機材は素人でも安全に扱えるものとなっています。

使われる薬品はサロンによって異なりますが、重曹や炭酸カルシウムなどの市販の医薬品にもよく使われているものです。光を照射する機会に関しても、セルフネイルなどでもよく目にするLEDライトが主に採用されており、誰でも安全に施術が行える環境を整えています。歯に染みることもなく物理的な痛み・不快感もないのでホワイトニングの導入としては適しているといえるでしょう。

そのほかは歯を白くする作用がある歯磨き粉などを使ったケアが主になるので、ホワイトニングとクリーニングが合わさったものとイメージしていただければわかりやすいかもしれませんね。

場合によっては別に歯科医院に行った方が良い

セルフホワイトニングは、人口歯や治療中の虫歯などがあってもホワイトニングをすることができる施術方法です。いつでも気軽に歯の白さを維持できるのは確かに魅力的ですが、逆に言えば「歯のトラブルは放置したまま白さのみを重要視する」ともいえます。セルフホワイトニングをおこなっているサロンはあくまでも歯科医院ではありません。

そのため先に説明したように基本的には口内チェックをおこなわず、そのままホワイトニングの施術にうつります。自分では気が付いていない小さな虫歯などに気づかず、放置したまま色だけ白くても理想的な美しい歯とはいえないでしょう。

少しでも自分の口内環境に不安がある方やしばらく歯科医院に行っていないという方は、セルフホワイトニングをおこなうにしてもまず専門の医師にチェックしてもらうことをおすすめします。

ホワイトニングとクリーニングって何が違うの?

歯を白く美しく見せるにあたって「ホワイトニング」「クリーニング」の文字が良く目につくと思います。この2つの違いは最終的な目的にあり、簡単に説明すると、「歯を白くするホワイトニング」と「歯をきれいに掃除するクリーニング」に分けて考えるとわかりやすいでしょう。医療機関がかかわるホワイトニングに比べて使える薬剤や機材が限られてくるセルフホワイトニングは、このクリーニングの特性も活かしつつ歯を白く導いています

なお効果の違いや施術の方法に関してはサロンによって違ってくるので、一概にこうとは言えません。薬剤の主成分もふくめて利用の前にはしっかり確認しておきましょう。

また以下記事ではこの2つの歯をきれいにする方法についてくわしく説明しているので、良ければ参考にしてみてください。

どのくらい効果が得られるの?

自ら施術をおこない、使う薬品の成分がほかとは大きく異なるセルフホワイトニング。ではその効果はいかほどのものなのでしょう。

自然な白さを求めるのであれば効果は期待できる

結論から言うとオフィスホワイトニングなどの歯科医師がかかわる施術に比べて、効果は薄いといえるでしょう。それは薬品の濃度の薄さや素人でも扱える範囲の機械で白さを追求には限界があるからです。

しかしながら芸能人ほどの歯の白さは求めず、普段の歯磨きなどにくわえてケアをおこないたい方や、元々歯の色素沈着がそこまで目立たない方にとっては十分な効果が得られ場合がほとんどなため、自分がどこまでの白さを求めるかによって万軸度は変わってきます。先ほど説明したように歯へのストレスも最小限でしみることほぼないので、ホワイトニングへのハードルを感じている方はお試しで試すのも良いでしょう。

仕上がりにムラができやすい

自ら施術をおこなうセルフホワイトニングは完全にプロが施術をほどこしてくれるオフィスホワイトニングに比べて、仕上がりにむらができやすいデメリットがあります。薬の塗り方によっては、場所によって色味にわかりやすく差ができてしまう可能性があるので、きちんと専門スタッフのアドバイスを聞いたうえで、丁寧に施術をおこないましょう。

ほかのホワイトニングと併用して通う人もいる

このように歯科医院が関わるホワイトニング比べるとやや効果が薄いとされるセルフホワイトニングですが、使い方次第では白さを長く保つための便利な一面もあるのです。

一度でかなり白さを実感できるオフィスホワイトニングには、色戻りしやすいという欠点があります。それゆえデュアルホワイトニングでホームホワイトニングと並行してホワイトニングの施術をおこなう人もいますが、料金がかなり高額になるため学生をはじめとする若い世代はなかなか手を出しにくいでしょう。そこで本来ならホームホワイトニングで補う持続性を、セルフホワイトニングで補えば、定期的なホワイトニングで白さをある程度キープできます。

またホームホワイトニングにおいても同じでセルフホワイトニングの漂白性の薄さをホームホワイトニングで補い、自宅とサロンの両方で施術をおこなっていけば自然と歯は白くなり、より早く理想の美しさに近づくことでしょう。

もちろん完全に医療機関のもとでおこなうデュアルホワイトニングに比べるとクオリティはそれなりとなってしまいますが、求める白さによっては十分満足感を得ることができますので、こちらも頭に入れておくと選択肢が広がって、自分に合ったホワイトニングの方法を見つけやすいかもしれませんね。

セルフホワイトニングの料金相場はどのくらい?

セルフホワイトニングの料金相場は1回約2,000円~5,000円と、ほかの施術方法に比べてかなりリーズナブルになっています。これなら学生でも手を出しやすいですし、若い世代から支持を受けるのも納得ですね。使っている薬品の種類や自信で施術をおこなうことでの人件費削減など、さまざまな理由からこの価格帯でのサービス提供が可能となっています。

もちろんオフィスホワイトニングやホームホワイトニング、またデュアルホワイトニングのようにサロンによって料金や受けられるサービスの内容は変わってくるので、勢いで決めずに必ずいくつかのサロンを比較してから、自分の通うサロンを決めていきましょう。

セルフホワイトニングをおこなう前には徹底した情報収集をしよう!

いかがでしたでしょうか。

誰でも気軽に自分の好きなタイミングで歯を白くすることができるセルフホワイトニングは、そのリーズナブルな価格設定もあいまってはじめてのホワイトニングや、日常のケアに少し漂白成分をプラスしたいという方におすすめの施術方法となっています。きちんと手順を踏んで、上手な使い方を心がければお得に白い歯を手に入れることができますよ!

しかしながらあくまで自分で施術をおこなうセルフホワイトニングでは、求める白さにならない場合があることも確かです。当サイトではほかにもホワイトニングの種類をご紹介しているので、ぜひ今回の記事と合わせて参考にしてみてくださいね。