Whitening Noteは、ホワイトニングにおすすめなサロン・歯科を紹介する情報サイトです。

【オフィスホワイトニング】ケンズホワイトニングとは?効果や料金相場をご紹介

ホワイトニングには、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニング・セルフホワイトニングと施術方法によって大きく4つに分類されます。そのオフィスホワイトニングやホームホワイトニングの中にも、使用する機器や薬剤によって費用や効果が異なっているのはご存知でしょうか?

「ホワイトニングをやってみたいけど絶対失敗したくない!」「各店舗によってホワイトニングの料金が異なる理由を知りたい!」「もっとホワイトニングについて詳しく教えて!」そんな方のために、各ホワイトニングシステムについてまとめました。
今回はホワイトニングシステムの一種である「ケンズホワイトニング」について情報をまとめましたので、ホワイトニング選びの参考にしてみてくださいね。

1.ケンズホワイトニングの特徴

ケンズホワイトニングの大きな特徴は、エナメル質の薄い日本人の歯に合わせた安全性の高さと仕上がりの美しさにあります。ホワイトニング剤も改良を重ね、過酸化尿素を主成分とした優しい内容を採用。37度と人肌程度までしか熱をもたない青色LEDライトを使用して、安全にホワイトニング剤の効力をあげていけるホワイトニング治療です。

仕上がりに関しても申し分なく、ツルツルピカピカの美しさに!過酸化水素を主成分としたホワイトニング剤に比べるとやや効力が劣りますが、透明感のある自然な白さを求める方にはおすすめのホワイトニングシステムといえるでしょう。まわりにホワイトニング治療をしていることがばれたくない方にも満足していただけると思います。

2.ケンズホワイトニングの施術方法

ケンズホワイトニングの施術方法と手順について、以下に記載します。

①歯の色をチェックします。
②施術前に歯をクリーニング、またはブラッシングして汚れを落とします。
③歯肉をガードしてダメージを防ぎます。
④ホワイトニング剤を塗布していきます。
⑤特殊な光を歯に充ててホワイトニング剤の効果を活性化させます。
⑥トーンに合わせて④~⑤を繰り返します。
⑦洗浄をして仕上げていきます。
⑧再度シェードをチェックします。

ケンズホワイトニングは「光化学反応」を利用して歯を白くするシステムです。ハロゲンなど強力な特殊ライトは熱を発生させるため、施術環境や設備、歯の除隊によってはしみたり痛みを感じてしまうこともあります。そこでケンズホワイトニングでは光照射に安全な青色LEDライトを使うことで、より安全性の高いホワイトニング治療を可能としています。歯に染みることはほぼないため誰でも気軽に始められるでしょう。

ホワイトニング剤にはホームホワイトニングにも使われる「過酸化尿素」を主成分としていることが多く、「過酸化水素」を主成分としてホワイトニング剤よりも白くなるまでの時間はゆっくりですが、その分色戻りの少なさも注目されています。仕上がりも不自然に白くなることなくナチュラルな透明感が特徴的です。しかしケンズホワイトニング1度の施術で一生効果が継続されるわけではなく、もちろんメンテナンスや施術のリタッチは必要ですので注意してくださいね。

3.ケンズホワイトニングのメリット

ケンズホワイトニングのメリットも見ていきましょう。

ツルツルとした舌触りの良い仕上がり

ケンズホワイトニングの魅力は白さだけでなく、薬剤の成分で歯の表面がツルツルになる仕上がりの美しさにもあります。従来のホワイトニングが歯の表面をザラザラにして、光を乱反射させることで歯を白く見せていました。結果歯の表面を傷つけているためダメージが多く、トータルで見て美しいとは言えません。ケンズホワイトニングは透明感と光沢のある仕上がりになり、汚れもつきにくくなるため色素の再付着も防げます。

しみにくいホワイトニング

ケンズホワイトニングでは過酸化尿素を主成分としたやさしいホワイトニング剤を使用。ホワイトニング剤を活性化させるライトには青色LEDライトを採用し、人肌程度の発熱におさえることで施術中の違和感やストレスもほぼありません。オフィスホワイトニングで懸念されていた知覚過敏もおこりにくい、安全なホワイトニングシステムです。

食事制限が少ない

先に説明したようにケンズホワイトニングでは薬剤の成分で歯の表面をツルツルに仕上げてくれます。汚れの再付着がしにくいため術後の食事制限も最小限!キムチやコーヒー、ワインなどの色の濃い物でも気にせずに楽しめるため、無理なく続けていけるでしょう。

4.ケンズホワイトニングのデメリット

ケンズホワイトニングにはメリットだけではなく、デメリットについても確認しておきましょう。

やや効果が薄め

ケンズホワイトニングのホワイトニング剤の主成分である過酸化尿素は、比較的ゆっくり漂白効果が発揮される成分です。光照射の効果によってホワイトニング剤の活性化がされるのでもちろん白さを感じることはできますが、人によっては物足りなく感じることもあるでしょう。場合によってはホームホワイトニングと併用することで、そんな効果の薄さを解消することもできるので気になる方は担当医師へ相談しましょう。

光照射が必要

ケンズホワイトニングはオフィスホワイトニングに多い光照射型のホワイトニング法です。ケンズホワイトニングの照射時間は1回約5分間と短めではありますが、その間頭を固定しておかなければならないため、人によってはそれがストレスに感じてしまう方も居るでしょう。なお院によっては照射に使う機会が異なり、口に直接取り付けるタイプの場合もあるので、どうしても一定時間じっとしていることが難しい方はライトで院を選んでも良いでしょう。

5.ケンズホワイトニングの料金相場

ケンズホワイトニングの料金相場を確認してみましょう。

料金相場:1万円~2万5,000円

ケンズホワイトニングの平均相場は1万5,000円ほど。ほかのオフィスホワイトニングと比べてみると中間層くらいの値段といえるでしょう。10万円近くなるオフィスホワイトニングも、あるので比較的良心的といえるのではないでしょうか。

なお院によってプランの内容が違ったり、理想とする歯のトーンが高いとそれだけ施術を繰り返すこととなるのでその分料金はかさんでいきます。ケンズホワイトニングでも十分に歯は白くなりますが、あなたの理想とする白さまで近づけるのか一度検討しておくと安心ですね。

6.まとめ

いかがでしたか?

安全性の高い青色LEDライトによりホワイトニング剤の効果を活性化、エナメル質の薄い日本人の歯でもしみずにホワイトニング治療が進められるケンズホワイトニングは初心者さんにもおすすめです。また今までのホワイトニングで歯に染みてしまった方も、ケンズホワイトニングなら大丈夫かもしれません。しかし歯の性質は人それぞれ異なってきます。ホワイトニング治療に入る前に口内状況をプロにチェックしてもらい、ケンズホワイトニングが歯に染みないかある程度予測を立てておくと安心ですね。そのほかのホワイトニングとも比べて最良の形で理想の白さを手に入れてください。